道具・技術変化の一様相に触れた一件。

この時期になると、毎年ストレスを感じることがひとつあります。

それは、保育園の運動会用のゼッケンをTシャツに縫い付けること。

四男は生後四ヶ月から保育園にお世話になっていて、毎年運動会に参加してきました。今までで計5回、ゼッケンを縫い付けてきたわけです。今年は最終学年、6回目です。

ゼッケンの周囲をぐるりと縫い付けるのは、なかなかめんどうだしゆがんだりするので(手縫いが超絶に下手なんだと思います)、四隅だけをクロスステッチで留めてみた年もありました(自分の中での方法の過渡期)。しかし、鉄棒で前回りをするときに糸が切れて外れてしまい、先生がガムテープで補強してくださるという結果になってあちゃ~と反省したという思い出があります。ちなみに、安全ピンは危険なので使用を禁止されています。

ところが今年、四人のお子さんを同じ保育園から卒園させた先輩ママさんから、耳よりな情報を聞きました。

先輩「運動会、もうすぐやね」

私「そうですね。そろそろゼッケンを縫わなきゃなぁって思ってるところです」

先輩「それやねんけど……」

私「え?」

先輩「実は、両面テープでいけるねんで」

私「なんですとー!?」

先輩「うん、いける。コツは、四辺を囲うようにまんべんなくテープを貼ることや」

私「そんなのアリですか?全く考え付きませんでしたが」

先輩「アリやで。外れなきゃよくて、危険じゃない方法やったらいいねんもん。そして実際、外れない」

私「もっと……早く……知りたかった……で……す……いや…今年知れただけでも充分ですけど……バタッ」

先輩「笑。だってな、糸で縫い付けても途中で外れたら、どっちにしてもガムテープで貼られるねんで」

私「あ、去年そうでした。あーーーその時点で気付いても良かったのに!!」

先輩「両面テープ、楽やで!準備する方の気ぃも楽になるやろ!」

●ゼッケンは針と糸で縫い付けるもの

●安全ピンは使ってはいけない

そう。

方向性が決まっていると、その制約(思い込み)から思考を飛び出させることはなかなかできないんですね。

○針と糸から、両面テープへ。

○縫い付けるものから、貼るものへ。

飛躍を生む新しい風(画期的な変化)を運んでくるのは、それを超えたことのある他者の視点だとしみじみ感じました。

やはり、横の繋がり、縦の繋がりは大切です。

♪た~てのい………

え~と、なんだか歌が聞こえてきましたね。

独自の視点での経験談、そしてその共有は、いつか誰かを、わずらわしさから解放しうるかもしれない、ですね。

今日は、ゼッケンの付け方を一例として、道具・技術変化の一様相を考えてみました。

考古学は、このような道具・技術変化の過渡期・画期的な背景にも、モノそのものからアプローチする学問なのです。

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top