遺跡に行って考古学vol.2 農と縄文の体験実習館「なじょもん」

発掘調査・火焔土器Tシャツの予約販売を告知した時、いち早く多田宛てにご連絡をくださったのが新潟県中魚沼郡津南町にある、農と縄文の体験実習館「なじょもん」の佐藤雅一さんでした。

博物館で、発掘調査・火焔土器Tシャツを販売してくださるとのこと。火焔土器の本場である津南町で扱ってくださるなんて、とても嬉しいお声がけをいただきました。そこで、ご予約いただいたお客様分の発送を完了し、早速奈良から家族づれで納品に行かせていただきましたよ!

なじょもん」は、季節ごとの企画展示や「縄文」「農業・食」「民俗」「自然」「クラフト」など、体験実習を数多く用意していらっしゃいます。それらは本当にどれもこれも面白そう!実際、我が家の子どもたちもそれぞれの目線で学び、楽しませていただいたようです。

今日は、ちょうど令和元年秋季企画展「技と造形の縄文世界〜形と文様に見る美の心〜」を開催中でした。これ、個人的にとても観覧したかったんです!大好きな神子柴系石器を含む、縄文時代の遺物がいっぱいでした。様々な造形の縄文土器も所狭しと並び、副題にある“美の心”を十分に感じられました。大満足です。

「なじょもん」は、体験に重点を置いた学習館だけあって、整理室で何とあの縄文土器がさわれてしまいます。もちろん、担当者さんに一声かけて慎重に扱うのが大前提ですが、何千年も前の遺物を素手でさわれるって、すごくないですか?!私も早速、火焔土器Tシャツを着て火焔土器と写真を撮らせていただきました。この感動は・・・プライスレスです!

また、縄文人の衣装を着て撮影ができるスペースもあります。名付けて、「縄文着 試着コーナー」。渦巻き文様の刺繍入り貫頭衣を身につければ、縄文時代を身近に感じられること請け合いです。

「なじょもん」の佐藤雅一さんと、金田。記念撮影していただきました!

発掘調査・火焔土器Tシャツは、本日から「なじょもん」で販売していただいています。お近くの方、またお近くでない方も、この機会にぜひ訪れてみてくださいね!!

私も次回は多田と一緒に満喫したいと思います!

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top