集める・並べるからわかる世界。(前編)

先日栗きんとん食べ比べツアーに参加した時の話です。中津川市の、満天星一休というお店の喫茶スペースに立ち寄りました。

大人四人はお抹茶と栗きんとんのセット、四男(保育園年長)は栗きんとん単品を選びました。すると、栗きんとんにもみじが添えられてきたのです。

もみじに興味を示した四男、参加者全員のもみじをもらいホクホクとしていました。

何かを収集するというのは、嬉しいものなんでしょうね。

でも、いつだって考古学!ならば、収集で終わらせませんw

この紅葉、一番緑色のものをこちら側に、一番赤いものをあちら側に・・・

さあ、どうする?四男。(中編へ続く)

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top