はにわソーセージの作り方

今日は、お弁当に笑いを添える、はにわソーセージの作り方を掲載します。

長男が幼稚園児だった時(2012年)に考えました。画像は武人埴輪とレタスの靫にポテトの矢が入っている古墳キャラ弁です。

はにわソーセージは簡単で食べやすい(爪楊枝がついてる)ので、ぜひ作ってみてくださいね!!

もし作ってみた時には、「 #はにわソーセージ 」とタグをつけてSNSで投稿していただけると嬉しいです。

「いつだって考古学!」アケスケ的クッキング第一弾でした。

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top