藍寧舎ショップ作品紹介その5

早いもので、期間限定ショップも本日が最終日となりました。昨日はお客様が途切れることなくご来店してくださり、Twitterでイチオシ商品をご紹介できずでしたので、ここで思い残すことなく(それでも思いは残るんでしょうけど)最後のご紹介をしたいと思います。

まずは、CHUPROさん。

先日歴マグをおすすめしましたが、他にもたくさん面白い商品があるんです。
「こふんえあわせ」と「こふんポーカー」は、楽しみながら古墳を学べるカードゲームです。

「こふんえあわせ」は、様々な古墳の形のカードをめくって同じカードを揃える、いわゆる神経衰弱のようなゲームです。これは対象年齢2歳から。
「こふんポーカー」は、手札でランクの高い古墳をつくった人が、裏返しに置いた副葬品カードをめくる権利を得、3種の副葬品を揃えたら勝ちというゲームです。駆け引きと運の要素をいれることで駆け引きの弱い子どもも勝てる可能性を高めたとか。これから年末年始にかけても、ご家族・ご親戚・お友達が集まる場で、楽しく遊んでいただけます!白熱すること間違いなし。人気の商品ですよ!

そしてこちら。世界の土器キーホルダー。写真が悪くて申し訳ないのですが、これ、3Dプリンターなどではなくて、細い紙をくるくる巻いて土器の形を作っていらっしゃるんです。それを聞いた時は思わずニヤリとしてしまいました。どれだけ器用なんでしょうか。どれだけ土器に対する愛があるんでしょうか。いろんな形がありますので、これだ!というものを見つけてください。手仕事の温もりに心が癒されます。

紹介したくて仕方ないので、今日はもういっぱい写真載せちゃいます。
こちらもCHUPROさんの作品です。紙モノのグッズ、本領発揮!といったところでしょうか。こふんさんポストカードやこふんさんクリップの前で「かわいい!」と立ち止まられるお客様、多いです。それから、エジプトのクリップも人気です。ファラオは売り切れてしまいました。「これ、ええなあ!どこでも使えるし、ブックマークにもなるんやろ?」とは、まとめて買ってくださったおじさまのお言葉。そう、その通りです。ブックマークにしてぴょこっと本から飛び出させても使えます。お客様から教えていただくことも多いんですよね。

さて、お次はふとんのマルソウさんの、奈良の蚊帳生地を使用した八枚重ね手折りふきんです。
こちらは、藍寧舎でデザインさせていただいた帯が付いています。
一度水を通すとふんわり柔らかになります。いつでもどこでも活躍させることができますので、日常使いにおすすめです!リピーターさんの多いこの商品、歴史意匠グッズに囲まれてひっそりと見えるかもしれませんが、個人的に心からおすすめの逸品です。ちょっとしたお礼として、プレゼントにもお使いいただけますよ。

こちらは日光プロセスさんの商品です。カレンダーは以前ご紹介しましたので、今日はペーパークラフトについてお話ししましょう。左端を見てください。家形埴輪です。この屋根の作り!!ああ、埴輪!!これは本当に美しい形で、私もぜひ挑戦しようと思っています。
そして家形石棺。こちらは難易度高めとお伺いしました。それで、ペーパークラフトと完成品の両方を販売しています。先日学生さんが購入してくださって、早速作ってみたとTwitterにあげてくださっていました。綺麗な出来映えでした!手先が器用な方、挑戦したい方におすすめです。ぜひ。
右側には、古墳のペーパークラフトもあります。入り口付近にあり、キャッチーなフォルムなのでお客さんが「古墳だ!」と喜んで手にとってくださいます。お子さんと一緒に工作もいいですね。紙質・色ともに良い風合いですよ。

最後に、藍寧舎のグッズをご紹介します。こちらは正倉院・考古学をテーマにした文様の一筆箋です。創業時まず最初に作ったのがこちらの商品でした。透けるトレーシングペーパーと透けない上質紙を合わせて色合いを出し、重ねて使っていただけるようにデザインしています。幼少から、トレーシングペーパーの質感が好きすぎて、いつかグッズを作ろうと心に決めていたのでした。おかげさまでリピートしてくださるお客様もいらっしゃって嬉しい限りです。

ちなみに、正倉院文様の一筆箋は、こちらの正倉院封筒に入れて使っていただければ、封をするところに海老錠(シール)をかけることができます。
大事な宝物を正倉院に納め、鍵をかけて先方にお送りする・・・ぜひお試しください!
考古遺物の文様の方は、発掘調査をしている人が描かれた封筒の方にお入れください。スコップで封をしていただけます(写真がなくて申し訳ありません)。

さあ、いよいよ期間限定ショップ最終日。
皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!

*********************************************
ならまち工房Ⅲ内「ナラマチギャラリー2016」
〒630-8382奈良市公納堂町12
11月26日(火)〜12月1日(日)まで
オープン:11時〜17時
*********************************************

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top