古墳にコーフン協会第1回総会に参加しました

1月19日(日)、東京渋谷にある「東京カルチャーカルチャー」にて開催された、古墳にコーフン協会の第1回総会に参加してきました。
開会まで5分を残して会場に着くと、すでにたくさんの人・人・人!!こんなに古墳にコーフンする方達がいるなんて!とびっくり。


なんとか空いている席を見つけて入らせていただきました。すると、魅力的な飲み物を飲んでいらっしゃる方が。ハニワクッキー付きの特製カクテルでした。古墳型のカレーも特別メニューにあったようです。
同じテーブルの方と、飲み物の写真を撮らせていただいたり、どちらからいらっしゃったのかお話をしたり。共通する趣味を持っている方たちって、すぐに打ち解けるんですね。居心地の良さにホッとした頃、ステージで開会宣言が行われました。

いよいよ開会です!

古墳にコーフン協会の会長である歌手のまりこふんさんと、理事長の伊藤壮さん、副理事長の立花優子さん、名誉会員のテリー植田さん、それに、ゲストのウルフルケイスケさんとFROGMANさんが次々に登場。会場全体に大きな拍手が響き渡りました。なんて豪華なメンバーなんでしょうか。

今回のメインプログラムの一つは、各地から集まった古墳にコーフン協会支部長さんたちが、持ち時間5分で活動報告や推し古墳をプレゼンするという企画でした。全国17の支部長さんのうち、13人が集まられていました(お一人は電話参加でした)。
この、支部長さんたちのお話の面白さといったら!!
古墳の楽しみ方は本当に様々で、切り口の愉快さに時間を忘れて惹き込まれました。古墳巡りを楽しむだけでなく、墳頂でお花見をしたり、墳丘を走ってみたり、実際に古墳を築造したり、古墳をケーキにしてしまったり!グループを作って活動している支部もあれば、個人で楽しんでいる支部もある。多様なあり方が受容されていて、協会の懐の深さが感じられ、だからこそたくさんの方が相互に交流しながら楽しんでいらっしゃるのだろうなと思いました。
支部長さんのお話に、ツッコミをするゲストの皆様のコメントも的確でおかしくて仕方がなくて、私はずっと笑っていました。

古墳ケーキについて説明される奈良支部長の中島智加さん

第二部は、まりこふんさんと田ノ岡三郎さんのライブステージでした。
四曲熱唱してくださいましたが、どれも古墳に対する愛が溢れていて、笑ってしまう内容なのに、一方でとことん胸に迫るものがあるという深い魅力のある歌詞・メロディーなのです。まりこふんさんのCDはこちらから購入できます。

QRコードを読み取り、会場でリアルタイムアンケートをとるという試みもとても面白かったです。
・古墳に対する家族の理解は得られていますか
・発掘調査をしたことはありますか
・古墳の話を友人にできますか
など、会場に来られている方の状況がわかって驚くやら納得するやら。

最後は古墳グッズ争奪じゃんけん大会が行われました。
たくさんの作家さんのグッズを巡って熱のこもった戦いが繰り広げられ、グッズが勝者の手に次々と渡っていきました。
藍寧舎も、大和の古墳風呂敷と摂河泉の古墳風呂敷を贈呈させていただきました。

総会の様子はyoutubeでも観ることができます。
気になる方はぜひご覧になってくださいね!

考古学(今回は古墳)の楽しみ方は間口が広い!と思わせてくれる素敵な総会でした。早くも第2回開催が待ち遠しいです。

The following two tabs change content below.
金田あおい

金田あおい

代表・デザイナー時代意匠考案 藍寧舎
大学・大学院で考古学を学んだのち、考古学や歴史学が持つ肯定的な側面に焦点を当てたデザインをしたいと専門学校へ。現在は、デザイン製作・ワークショップ・トークイベントなどをおこなう、時代意匠考案 藍寧舎(らんねいしゃ)として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top