アケスケ的イチ推し古墳探訪 第5回と第6回のご紹介です

旅に恋するウェブマガジン「旅恋」にて連載中の「アケスケ的イチ推し古墳探訪」。またもちょっと遅くなりましたが、第5回と第6回のご紹介をいたします。

第5回は、栃木県小山市にある摩利支天塚古墳と琵琶塚古墳をご紹介しました。

第5回 古代の栃木がわかる首長墓〜摩利支天塚古墳・琵琶塚古墳(栃木県・小山市)
https://www.tabikoi.com/tada5/

実は私の夫は小山市出身で、義理の両親はこの古墳の目の前にある畑を借りて野菜を育てています。よって、両親から送られてくる野菜は古墳を眺めて大きくなったわけで、私としてはその野菜を見るだけで、その向こうに琵琶塚と摩利支天塚のシルエットが浮かぶわけです。まぁ、マニアあるあるですね(私だけだったらスミマセン)。
2018年には古墳のすぐそばに古墳資料館ができ、出土品の展示とともに、古墳の成り立ちやこの地域が古代においてどのような場所であったかなどを紹介しています。
近隣には、しもつけ風土記の丘下野薬師寺もあるので、古代漬けの1日を過ごすことができますよ!

近隣の遺跡を巡るモデルコースが案内されていました。いつか網羅したいです!

第6回は、愛知県名古屋市にある志段味古墳群をご紹介しました。

第6回 古墳の展示場にようこそ!様々な形の古墳に出会える志段味(しだみ)古墳群(愛知県・名古屋市)
https://www.tabikoi.com/tada6/

昨年12月に参加した愛知県陶磁美術館の「YAYOIバザール」のついでに取材したのですが、「体感!しだみ古墳群ミュージアム」は休館日で観覧できず。次回こそはお邪魔したいと思っています。

志段味古墳群の志段味大塚古墳前にて、ご機嫌のダブルピースです(撮影:金田)

緊急事態宣言の発出により、古墳取材もままならないことが多いのですが、これまで訪ねた古墳も混えながら連載を続けて参りますので、ぜひ読んでいただけると幸いです。よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.
多田みのり
旅と歴史のライター、奈良市観光大使 大学・大学院で考古学、歴史地理学を学び、一般企業に就職。その後、一般の方にわかりやすく考古学の成果を紹介することで、自由に歴史を語り、想像する人が増えてほしいとの思いから、歴史ライターに転職。雑誌やウェブでの取材、執筆、編集のほか、小中学校でのワークショップや講演などを行なう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top